不眠症を音楽療法で改善しよう!その驚きの効果とは?

不眠症 音楽療法 改善 効果

ストレス社会を生きる多くの方は不眠症に悩まされているといいますが、音楽療法が不眠症に効果があるというのをご存知ですか?

 

 

毎日忙しく働くビジネスマンや主婦、高齢者や認知症の方…眠たいのにベッドに入ると落ち着かない方や不安感が出る方もいらっしゃいます。

 

 

早くにベッドに入って一定時間睡眠を確保できたとしても体や頭がすっきりせずに全然寝ていないように感じてしまう方も多いようです。

 

 

睡眠の質を改善させることで不眠症を改善させ健康的な生活を送ることができるでしょう。

 

 

不眠症になる原因として、周囲の雑音が挙げられます。

 

 

ベッドに入っても雑音がしていると、無意識のうちに神経が雑音へいき、脳が活性化され睡眠状態に入れないということにつながり、安眠に悪影響を与えてしまいます。

 

 

雑音が気になって寝付けないという方へは音楽療法がおすすめ。

 

 

音楽療法というとかたいイメージがありますが、好きな音楽を聴いてリラックスしている姿を想像してみてください。

 

 

音楽には心と体をリラックスさせる効果があり、さらに特定の音楽を聴くことで心と体とともに脳がリラックスし、α波を出し質の高い睡眠環境へ導いてくれます。

 

 

質の高い睡眠を行うためには脳をリラックスさせゆっくりと眠ることが大切です。

 

 

このα波を出させる音楽療法にぴったりの音楽のポイントはこちら。

 

 

 

〇ゆっくりと落ち着いた音楽

 

 

いくら好きな音楽といってもロックやパンクなどはリズムや店舗が速いため、リラックスできず音楽に集中してしまうため質の高い睡眠を得ることはできません。

 

 

脳への刺激が少ないリラックスできるゆっくりとした音楽をチョイスしましょう。

 

 

 

〇歌詞のない音楽

 

 

歌詞のないフィーリングミュージックやクラシックがおすすめ。

 

 

歌詞の意味を考えてしまったり、言葉を追いかけてしまったりとリラックスできないため、歌詞のない音楽をおすすめします。

 

 

 

〇一定テンポの音楽

 

 

テンポがバラバラだったりリズムがあったりする音楽は脳波が乱れやすくリラックスできません。

 

 

質の高い睡眠を得るにはゆっくりとした一定のテンポの音楽が良いでしょう。

 

 

どんな曲がいいの?というと一番のおすすめはクラシックミュージックです。

 

 

「学生時代に音楽の時間で勉強したけれど眠たくなったなぁ」

 

 

「クラシックのコンサートでうっかり寝てしまったなぁ」

 

 

という方も少なくないかと思います。

 

 

寝る前、リラックスさせるにはクラシックを聴いてゆったりとした気分でベッドに入るのがいいでしょう。

 

 

クラシックはどうしても苦手!という方は無理にクラシックでなくても構いません。

 

 

フィーリングミュージックの小川のせせらぎ、夜の音、滝の音など生活音を音楽にした音楽はいかがですか?

 

 


 

 

リラックスできる音楽を聴いて眠ることで質の高い睡眠を得ることができ、不眠症に効果的ですが、音楽を聴くタイミングも重要!

 

 

寝る30分~1時間ほど前から音楽をBGMとして流して置き、オフタイマーをしてある程度時間が経過すれば自然に音楽がOFFになるように設定することが大事です。

 

 

音楽の力で心身の疲れや緊張をほぐし、リラックス効果を生むのが音楽療法、音楽を聴いてリラックスをしてα波を出し不眠症を改善させましょう。

 

 

また、音量は40デジベルが好ましいとされ、例を挙げると図書館の静かさ程度の音量です。

 

 

静かな部屋でかすかに聞こえる音楽がリラックス効果を生むということになります。

 

 

音楽療法は万能薬や治療ではなく、リラクゼーションやヒーリング効果のひとつなので何ヵ月も不眠が続いている、音楽を試しても効果がなかったという方はかかりつけ医に相談するようにしてください。

 

 

最近では睡眠外来などもありますので我慢せずに受診することをおすすめします。