不眠症に効果抜群!α波が出る音楽は?

不眠症 効果 α波 音楽

1歳の子どもをもつアラサーママですが、子どもの新生児期から夜泣きに悩まされ子どもとともに不眠症気味に…音楽やα波が効果的と聞いたのですがどんなものが良いか調べてみました。

 

 

出産を機に仕事を退職したのですが、独身時代、結婚、妊娠中といつも不眠症気味の毎日。

 

 

独身時代は仕事のストレスや忙しさから、結婚時は仕事とプライベートを両立させることのストレスから、妊娠中はつわりと胎動、お腹の圧迫などが原因でした。

 

 

そして出産後新生児の子どもの授乳やおむつ交換で夜中は2時間おきに目が覚める毎日・・・なかなか睡眠サイクルが作れず、1歳になる今も日中のイベントやちょっとした出来事で寝てくれず、夜泣きの毎日…

 

 

実は今現在、夜泣きがひとしきり終わってやっと一息ついたところ。

 

 

たまに夜ぐっすり寝てくれることがあってもなかなか自分自身が寝付けず気が付いたらカーテン越しに朝日を見るということに気持ちも身体もぐったり不眠症に。

 

 

なんとか子どもが寝てくれるときはゆっくり寝たいし、あわよくば子どももぐっすり寝てくれたらいいなぁと思い辿り着いたのがα波系ヒーリングミュージックで、音楽を聴くと脳にα波が現れてリラックスさせてくれるというものでした。

 

 

ミュージックダウンロードサイトでさっそくα波系ヒーリングミュージックをダウンロードして試してみたところ、初日は音楽にドキドキしてなかなか眠れなかったのですが、翌日以降に少しずつ、いつもはグズグズする子どもも寝てくれて自分自身もぐっすり熟睡で、気が付いたら朝で身体もすっきりでした。

 

 

本当はヘッドフォンで聴いたほうが効果があるようなのですが、子どもがいるので寝室のBGMとして音楽を流しようにして、ベッドに入り子どもを寝かしつけていると気持ちよくなっていつの間にか眠ってしまっていました。

 

 

ゆったりと心地よい穏やかな音楽ばかりの50分程度のCD1枚分の再生なのですが、いつもどこまで聞いていたのか分からないくらいいつのまにか眠りについてしまいます。

 

 

夜泣きで知らず知らずのうちに子どもに対してイライラしていたのかもしれず、そのイライラが子どもに伝わって夜泣き…という悪循環に陥っていたのかもしれません。

 

 

ママ自身がイライラせずにゆったりとした気持ちでリラックスできていれば、子どもも心地よく寝入ることができるのでしょう。

 

 

人間の脳はα(アルファ:安静)、β(ベータ:覚醒)、θ(シータ:浅い睡眠)、δ(デルタ:深い睡眠)に分かれ、α波の状態は身体の緊張がほぐれリラックスしている状態であるといわれ、α波がでているときはリラックス効果と共にβエンドルフィンが分泌され体内の内分泌系にも良い影響を与え、内分泌系・神経系の働きが良くなるため自然治癒力向上にも効果的です。

 

 

音楽以外にもアロマテラピーや瞑想、マッサージなどでもα波が出て、イライラの解消や精神統一、判断力や認知力の向上などが期待できます。

 

 

α波の音楽を聴いたからといってすぐにぐっすり眠れて不眠症が改善されるわけではなく、少しずつ睡眠の質が高まり不眠症改善に効果的です。

 

 

質の高い睡眠がとれることで、日中元気に活動することができ、健康的に過ごすことができるようになります。

 

 

当たり前のことですが、日中にしっかりと体を動かして遊ぶと自然に夜は眠たくなるもので少しずつ睡眠のサイクルができてきたように思います。

 

 

運動するタイミングも実は重要で、寝る前の運動はNG!

 

 

睡眠に入るとき人間の体温は低下しますが、入浴後高くなった体温を1~2℃低下させることで自然に眠りに入るようになりますので、起床後~入浴前は活動的に過ごした方がいいようです。

 

 

よく会社帰りにジムに通って運動している方がいらっしゃいますが、不眠症の改善には効果的ということになりますね。

 

 

ぐっすり眠るためにはα波でリラックスした脳にすることが大切で、最近では多くのα波系ヒーリングミュージックが出ていますので自分が心地よいと感じる音楽を探してみてくださいね。